相続税の申告はいつまでにしたらいいの?

申告と納付する期限は同じ

両親などの自分の身内が亡くなり遺産を相続することになった場合、一体いつまでに相続税を申告しなければならないか気になりますよね。相続税の申告期間は被相続人が亡くなった日から10カ月までに行わなければなりません。さらに相続税は納付期限も申告期限と同一になっています。したがって被相続人が亡くなった日から10カ月以内に相続税の申告と納付を行う必要があります。申告期限までに相続税を申告しなかった場合、加算税が発生するので注意が必要です。また実際の相続財産より少ない金額で申告した場合も加算税が発生するので気を付けましょう。申告をしたけど、納付が期限以内にできなかった場合は延滞税が発生します。相続税の納付は税務署だけでなく、金融機関や郵便局でも納付することができます。

申告する場所と納付方法

相続税の申告はどこで行うかというと、被相続人の居住地を管轄している税務署になります。したがって申告人の居住地ではないので、申告する際は間違えないようにしましょう。
相続税は原則として金銭による一括納付が基本となっています。しかし多額の遺産を相続して相続税の額が大きくなってしまった場合、特例によって分割で支払ったり、金銭ではなく相続財産から支払うことも認められています。相続税を分割して納付することを延納といい、金銭以外のもので納付することを物納といいます。延納で納付する場合は何年かに分けて相続税を納付することになるので、今手元にお金がなくても安心です。延納や物納を希望する場合は、事前に申請が必要になります。

節税のために生前贈与を行う家庭が増えていますが、生前贈与の税金はケースによって異なります。そのため、生前贈与に関することは税理士に相談することが大事になります。